<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

           
<< フランスがUFOの情報を公開した理由 | main | プロセス >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
新しい英語の教材 セカンドライフ 
 ついに始めました。セカンドライフ。
日本語版は出ていないので、英語版。
これがね、予想以上に面白いかも。

あれは新しいコミュニケーションツールです。

さっそくスペイン人とイタリア人と友達(知り合い)になりました。
もちろん共通言語は英語。
しゃべりたいから、英語調べるし、英作します。
しかも、面白いのがね、スペイン語とかイタリア語とかしゃべれるかって聞かれるわけ。
片言のスペイン語を並べると、向こうも片言の日本語を並べる。

そもそもまだセカンドライフ、初期の段階。
この時期に参加しているのは最低限のPCスキルと英語力があるはずで。
この時期だからこそ、異文化コミュニケーションはもってこいかも。

僕はなんだか、イタリア旅行に行ったときの気持ちを思い出しました。
やっぱり世界中に友達がほしい。

ますます英語を学ぼうと思ったと同時に、
仕事において世界に通用する「何か」を得てやろうとも思いました。
世界は、本当におもしろい。
やっぱり多様性って大好きです。
金太郎飴ほどつまらないものはない。

セカンドライフは仮想現実世界だけど、
今回、このセカンドライフ参加を通してますます現実世界も充実させたいと思ってしまいました。

PCのスペック的にはきつくて重いんだけど、
これはハマるかもしれない。

なにより、セカンドライフの恐るべき可能性を感ぜずにはいられない。
既存のSNSがまるで駆逐されかねないほどの可能性があるんじゃないかと思ってしまった。
もしかしたらセカンドライフをプラットフォームに、各種SNSが連動する時代だって
くるかもしれない。

PCのスペックがより良いものになると同時に、インフラの帯域もでかくなれば
すぐそこに仮想現実世界が当たり前に広がる時代は間違いなくるでしょう。

インターネット世界も、将来的には平面じゃあなくなるだろうし。
そういう意味で、僕は今、この世界のベースとなる事を学んでいるのは
案外いいのかもしれないと思ったり。
| - | 22:41 | comments(0) | -
スポンサーサイト 
| - | 22:41 | - | -
コメント
コメントする









SonyEriccson
qrcode