<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

           
<< 意識 | main | 新しい英語の教材 セカンドライフ >>
スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
フランスがUFOの情報を公開した理由 
 国として、そしてなぜ今、フランスはUFOの情報を公開したのだろうか。

UFOの情報が本当か嘘かはさておき、
その真意が気になる。

どちらにしろ、国として「UFO」という存在を公にしたということは
(決して宇宙人が乗っていると断定したわけではない)
何かしらの意図があってのことだろう。

未確認飛行物体というものが、確認され、
自国の領土を飛び回っている以上、軍事的に
放っておけないということなんだろうか。

それとも別の意味があるのだろうか。

マスコミにこの時期に流すタイミング。

もしくはこれはひとつの大きな囮であって、
別の大きなニュースが背後にはあるのかもしれない。

ただ僕にはそれを解明するインテリジェンスもネットワークも
持ち合わせていないのでなんともいえない。

ただ、高校のころ
早朝に いわゆる UFO??
を見た記憶だけは確かにある。

あれはなんだったのか。

まぁ、そんなことを思い出しました。

もし、タイムマシンが何百万年も先に
この宇宙のどこかの、知的生命体が発明したとして、
どこかに自分たち以外の知的生命体がいないかと
躍起になって探したとしよう。

※確か今の科学的な理論(つーかNEWTON情報 w)
 によると未来にはいけても過去にはいけなかったきがする。
 この世の始りがビックバンだったこと自体、またその前が「無」以外の何者でも
 なかったこと自体、そんな現在の「科学」自体があてにならないかもしれないけどね。
 まぁ、すべての始りから考えてみれば、こんな僕の今の思考も奇跡だねw
 

その時、彼らは
遠い昔、自らの首をしめる知的生命体がいたことを知る。
(それは遠い過去に地球人から送られた電気信号で)

彼らは、
今はなき存在(地球)を確かめたくなり、
彼ら(地球人)が滅びる前の時代に戻ってみてみようと
思うかもしれない。


それが今。


なーんてね。


地球は大切に。


話の主旨変わっちゃったけどw

まぁ、加速度的に
危機は迫ってるのは確か。

| - | 23:22 | comments(2) | -
スポンサーサイト 
| - | 23:22 | - | -
コメント
熊本で
「やばい。おれ小人見ちゃった。」
と真顔で語ってくれた友人Tを思い出しました。w

彼は元気にしているのでしょうか?
| KUNIWO | 2007/04/04 9:08 PM |
また飲みながら宇宙人について
熱く語ってくださいw
| koba | 2007/04/06 4:34 PM |
コメントする









SonyEriccson
qrcode